北斗の拳レジェンズリバイブ実録解説と攻略

28鯖実在プレイヤーが毎日新しい発見をコツコツ更新中。他にもオススメアプリ公開中です!

star 人気RSS

北斗の拳レジェンズリバイブ(鍵を握るチーム編成編)重要

time 2019/10/15

北斗の拳レジェンズリバイブ(鍵を握るチーム編成編)重要

重要!チーム編成はバトルに勝つ鍵!

ひとつ前の記事で言っていたチーム編成についてお話しします!

ここはゲームを進めていく上でかなり重要となります!

いくら課金をしたところで、闘士選択やチーム編成を失敗してしまうとすぐに限界が見えてしまうでしょう。

私が定価金ながらランキング2桁に君臨するのはここもポイントの一つと思います!

実際記事画像は私自身のチーム編成ですがお勧めします!そして他にもお勧めチーム編成があるので説明しながら紹介していきます!

まずこれまでの投稿をご覧になって進めてもらうと、各闘士には「必殺技」「奥義」がある事はおわかりと思います。その上で説明することとします。

私の編成「必殺技」について

ジュウザ 敵1体にダメージ(クリティカル発生時自身の最大HP10%追加ダメージ、クリティカル不発時自身の闘気200UP)

シン 敵1体にダメージ(2ターンの間自身のクリティカル立派30%UP、クリティカルダメージ20%UP)

レイ 敵1体にダメージ(状態異常付与2ターンの間ターン開始時最大HPの6%ダメージ、自身は回復)

ケンシロウ 敵1体にダメージ(2ターンの間対象の防御力30%DOWN)

リュウガ 敵1体にダメージ(状態異常付与、30%確率で目標を1ターン凍結、ガード無効、ダメージ軽減20%DOWN)

ウィーグル 縦列2体にダメージ(2ターンの間自身の防御力20%UP)

というように、ジュウザとシンは攻撃タイプとして文句なしのステータス!

レイとリュウガは状態異常付与が魅力的ですね!

次に重要な「奥義」です!

ジュウザ 敵1体に特大ダメージ(1ターンの間クリティカル率40%UP、攻撃力15パーUP、防御力15%DOWN、対象の防御力20パーDOWN)

シン 縦列2体に大ダメージ(2ターンの間自身のクリティカル率40%UP)

レイ 後列1番残HPが少ない敵に大ダメージ(自身のダメージ軽減10%)

ケンシロウ 縦列2体(後列には貫通50%)ダメージ(2ターンの間自身の攻撃力10パーUP)

リュウガ 縦列2体に大ダメージ(状態異常付与50%の確率で1ターン凍結、ガード無効、ダメージ軽減20%DOWN)

ウィーグル ランダム3体にダメージ(自身の残HPが低いほど大ダメージ)

といった感じになります。

このパーティーの魅力はシン、リュウガ、ケンシロウの3闘士の「奥義」が縦列2台ダメージということ!

後列に対しては少しダメージが減るのですが、、、、そこで使えるのがレイの「奥義」!!

この4闘士の連続奥義で高確率で2体は消せます!

そしてジュウザの「奥義」特大ダメージで高確率で一体消せます。

すると残り3体はウィーグルで気持ち程度のダメージを与えることになりますね!!

実はウィーグルについては使い勝手が悪いと感じているので、他のURSRでいいキャラ出たら入れ替え予定です!!

ここで参考!!

戦闘は基本的に前列から倒していくシステムとなります!、、、、という事は、前列に防御力が高いキャラを並べられるとなかなか頭数を減らす事が難しくなります。

よく使われているのが、ラオウやハートです。

この2体は防御力が高い上にラオウは攻撃も強烈です。

しかしハートは「奥義」が全体ダメージとなり、与えるダメージも知れているので使い勝手は悪いと思われます。

しかし、、、、ハートは強化素材が簡単に手が入り高ランクに仕上げるのが早いキャラの一つです!流石にハートでも高ランクにされるとなかなか壁が崩れないので後列のキャラに手が出せなくて困ります。。。

ですので、、、

私は、前列に高ランクのハート、ラオウ

後列にジュウザ、レイ、シン

といったようなチーム編成をしている人とのバトルは避けます。

下手すると負けちゃう気がしますので。

代表的な2通りの違うタイプのチーム編成を紹介しましたが、私のチーム編成は押せ押せ!防御の壁タイプのチーム編成は後半逆転型といったところでしょうか??

他にもこんなチーム編成は??とかあると思いますが、自分で試して発見するのも良いと思います!しかし、同時に多くのキャラを育てるには課金が必要になると思われます!

質問などあればコメント気軽に頂ければ個人的にレクチャー致します!

引き続き北斗の拳レイの記事をよろしくお願いします。

star 人気RSS

コメント

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

ネット副業の事実

カテゴリー

アーカイブ

アクセスランキング